[ここから本文です。]

法人ディスクロージャー

HOME (の中の) 法人ディスクロージャー (の中の) 諸規程 (の中の) 健康チェック助成事業 実施要綱

健康チェック助成事業 実施要綱

 (趣旨)
第1条 生活習慣病(成人病)の予防は「バランスのとれた栄養」「規則正しい運動」などが大切とされているが、健診による早期発見と早期治療についても重要なことである。そこで、共済会会員(以下「会員」という)に対する生活習慣病対策として、全国健康保険協会(協会けんぽ)が実施する「生活習慣病予防健診『一般健診』」受診者に助成し、生活習慣病の早期発見と早期治療はもとより、健康を確認するため実施するものである。

 (対象者)
第2条 対象者は、会員期間1年以上で40歳・45歳・50歳・55歳・60歳・65歳の会員。
(65歳以上会員は5歳単位):該当年度は別紙。
  ただし、この一般健診は、毎年1回は受診できるため、その該当年度の会員のみを補助対象とする。

 (実施機関)
第3条 受信医療機関は下記のとおりとする。
(1)社会保険事務所の指定医療機関
(2)上記医療機関以外でも「生活習慣病予防健診『一般健診』」を実施している医療機関

 (検査項目)
第4条  検査項目に関しては別記の通りとする。

 (受診の方法)
第5条 受診の方法は、全国健康保険協会(協会けんぽ)岐阜支部から送付される「生活習慣病予防健診申込書」により、各自所轄社会保険事務所(社会保険健康事業団岐阜県支部)へ申し込み、受診についてはその指示に従うものとする。
 全国健康保険協会(協会けんぽ)指定医療機関以外で受診する場合は、事業ごとに医療機関と相談し受診する。その場合、検査項目実施証明書(別添・様式2)の発行を受けるものとする。

 (受診料の支払い)
第6条 受診をした医療機関へ各自が全額(6,843円)を支払うものとする。

 (助成金の額)
第7条 助成金の額は、一人年1回 2,720円とする。ただし、自己負担額が、助成額以下の場合は、自己負担額を上限として助成

 (助成金の請求)
第8条 助成金の請求は、受診した後、「健康チェック助成申請書(様式第9号-(1))」により一般財団法人岐阜県民間社会福祉事業従事者共済会(以下「共済会」という。)へ請求する。

 (申請時の添附書類)
第9条 助成金の請求申請時には下記の添付書類とともに申請する。
(1)「生活習慣病予防健診申込書」(事業主用)の写し(コピ―したもの)または、検査項目実施証明書(別添・様式2)……福利厚生センター加入事業所は原本をセンターへ提出し、写しを共済会へ提出、共済会のみ加入事業所は、原本を共済会へ提出ください。
(2)受診した医療機関の領収書。(写しでも可)

 (注意事項)
第10条 申請に関する注意事項 
(1)助成については、共済会会員を対象とし、被扶養配偶者は対象としない。
(2)助成金の請求については、受診日から1年以内とする。
(3)助成金は、各事業所へ一括で送金する。

   附則
1. この実施要綱は平成25年4月1日から施行する。

Copyright (c) 岐阜県民間社会福祉事業従事者共済会. All Rights Reserved.


ページの先頭へ